ASAKAMAI 887

  • あの“鉄道フォトグラファー 櫻井寛さん”が、新作駅弁を絶賛!

    4/1(木)発売するASAKAMAI887を使用した新作駅弁「海苔のり弁887」を、鉄道フォトグラファー櫻井寛さんにご試食いただきました!

    櫻井さんは、6,000食以上の駅弁を食べ尽くした男として「マツコの知らない世界」(TBS系)に3度もゲスト出演され、「海苔のりべん」を紹介した際にはマツコ・デラックス氏からも大絶賛されるなど、「海苔のりべん」人気の火付け役となったかたです。

     

    熱烈な「海苔のりべん」ファンであることを公言する櫻井さんに、新作駅弁「海苔のり弁887」を召し上がっていただいたところ、以下のような大絶賛のコメントをいただきました。

     

    「ご飯の舌触りが良く、甘みを感じます。(海苔ご飯に使用されている)塩昆布が薄味なので、ご飯の美味しさが生かされていますね。」

    と、米自体の美味しさや海苔ご飯の魅力を紹介していただいたほか、

    「おかず一つ一つのクオリティも高く、心を込めて作られており、その中でも私は手焼きの卵焼きが一番大好きです。松川浦のあおさ海苔を使った天ぷらも良い香りです。」

    「『海苔のりべん』はもともと東日本一の駅弁と強く感じていましたが、新作はASAKAMAI887を用いたことでまた素晴らしい駅弁が誕生しました。海苔のり弁の美味しさと別の高級感もありますし、それにASAKAMAI 887そのもののお米の美味しさも十分感じられました。そこに添えられた丁寧なおかずによって、さらにおいしい駅弁になったと思います。」

     

    また東北デステネーションキャンペーンのスタート日4/1(木)に合わせて発売となる新作駅弁への応援メッセージとして、以下のコメントもいただきました。

     

    「4月1日からいよいよ東北6県のDCが始まります。東北6県は美味しいお米の産地ですが、東京から見ると福島県は東北の入口。白河の関を超えて最初の大都会がここ郡山です。郡山でこの駅弁を買って東北6県の旅をスタートするというのが一番楽しい旅の在り方ではないでしょうか。」

    (※写真撮影時のみ、マスクを外しています。)

     

    駅弁博士 櫻井寛さんも大絶賛の新作駅弁「海苔のり弁887」、間もなく4/1(木)から発売となります。

    乞うご期待です!

     

  • 4/1(木)〜新作駅弁「海苔のり弁887」が発売!

    この度、株式会社福豆屋様の看板駅弁「海苔のりべん」と、 全国に誇る郡山産最高級米「ASAKAMAI 887(アサカマイハチハチナナ)」をコラボさせた新作駅弁「海苔のり弁 887(ハチハチナナ)」が、来たる 4/1(木)より発売されます。

    〈新作駅弁「海苔のり弁887」〉
    海苔ご飯には、郡山産最高級米「ASAKAMAI 887」を使用しています。
    価格:1200円(税込)
    販売場所:郡山駅、福島駅、新白河駅、会津若松駅、東京駅(駅弁屋祭)
    販売者:株式会社 福豆屋
    http://www.fukumameya.co.jp/

     

    新作駅弁「海苔のり弁887」は、JR 東日本「駅弁味の陣2018」で最も評価の高い「駅弁大将軍」に選ばれた福豆屋様の看板駅弁「海苔のりべん」に、郡山産最高級米「ASAKAMAI 887」を使用することで、さらに美味しくパワーアップしたご当地駅弁です。

     

    「海苔のりべん」にはかねてより、郡山産のブランド米「あさか舞」を使用し、価格1,000 円(税込)で販売していますが、それに対し今回の「海苔のり弁 887」はさらに、「あさか舞」のフラッグシップとなる最高級ブランド米「ASAKAMAI 887」を使用し、価格1,200 円(税込)で販売します。
    ASAKAMAI 887 のほかにも、「松川浦産あおさ海苔」や「県産牛」などの地元産食材を加え、福島の海と山の恵みをご一緒に味わって頂けます。

     

     

    東北 6 県の自治体や観光関係者、JR6 社などが一体となって行う大型の観光キャンペーン「東北デスティネーションキャンペ ーン」のスタート4/1(木)に合わせて発売し、県内の新幹線停車駅(郡山駅、福島駅、新白河駅)及び会津若松駅のほか、 首都圏は東京駅でも販売します。

    宝の山会津磐梯山や猪苗代湖が描かれ、高級感漂う金の箔押しが施された白い「掛け紙」が目印です。

     

    これまでの「海苔のりべん」ファンにはもちろん、まだ「海苔のりべん」を食べたことの無いかたにも、この駅弁を通じて全国に誇る郡山産最高級米や地元産食材の美味しさを味わっていただけたら幸いです。
    従来の 「海苔のりべん」との食べ比べもいかがでしょうか。

    4/1(木)の発売を、どうぞお楽しみに!