ASAKAMAI 887

The Love We Put Into Our Riceこの米に込めた想い

どこよりも安全で美味しい最高級の米と、
その生産者の誇りを届ける

明治時代、不毛の大地だった郡山の安積原野を切り拓き、猪苗代湖の豊富な水源を引き込んだ“安積開拓”により、福島県郡山市は豊かな水田が広がる、県内一米づくりが盛んな街になりました。
内陸型の気候、粘土質の土壌、猪苗代湖がもたらす清らかな水、米作りに最適な条件が整ったこの地の田んぼで育てられた郡山産のブランド米「あさか舞」は、おいしいお米として多くの評価を得ています。

しかし、東日本大震災以降、未だ払拭しきれない風評被害によって、郡山産米の価格は、全国平均から大きく下がり、業務用米として安価に扱われているという課題が立ちはだかっています。
このような状況の中、この街で栽培される米の正しい価値を取り戻し、先人たちが築いた「米どころ郡山」の地位と誇りを取り戻すべく、独自に設けた7つの高い生産基準を全て満たす米、“ASAKAMAI 887”の栽培に取り組むプロジェクトが立ち上がりました。

現在、国内では、毎年のように米の新品種が開発され、「ブランド米」が溢れ競争が激しい市場に対して、このプロジェクトでは、郡山市内の米作りの匠たちの技術と想いを結集し、日本の水稲作付け面積3分の1以上を占める“米の王様「コシヒカリ」”を極限まで磨き上げた究極の米「ASAKAMAI 887」として、挑みます。

Bringing you delicious rice of the highest quality, safer than anywhere else, along with the pride of those who make it

During the Meiji period (1868-1912), the barren land of the Asaka plain in Koriyama was cleared. Through the “Asaka Reclamation,” which drew the abundant water source of Lake Inawashiro, abundant rice paddies spread throughout Koriyama, Fukushima, and it became the foremost city in the prefecture for rice production.
ASAKAMAI, the Koriyama rice brand nurtured in paddies with perfect conditions for rice-growing - an inland climate, clay-like soil, and the pure water of Lake Inawashiro - is widely acknowledged as a great-tasting rice.

However, due to harmful rumors that lingered after the 2011 Tohoku earthquake and tsunami, the price of Koriyama rice fell far below the national average. It is treated as low-price, industrial-purpose rice, which poses great challenges.
Against this backdrop, we set out to reclaim the proper value for rice grown in this city, and restore the status and pride of “Koriyama, the land of rice” built by our ancestors. We therefore took up the challenge to grow “ASAKAMAI 887,” a rice that meets all seven of the high production standards that we set for ourselves.

Nowadays in Japan, new varieties of rice are developed almost every year, and the market has fierce competition among the myriad “brand rices.” To this market, we bring our ASAKAMAI 887 project, combining the skills and heart of rice-growing masters in Koriyama city to make the ultimate version of Koshihikari, the “king of rice” that is grown on over a third of Japan’s rice acreage.

ASAKAMAI 887 - 名前の由来

米という漢字は「八」「十」「八」という3つの文字で成り立っています。古くからの由来として、米作りには88の手間がかかると言われてきました。
ASAKAMAI 887は、この88の手間とさらに厳格な7つの生産基準をクリアしたお米のみが冠することができる最高級米です。故に「88」と「7」を組み合わせ、名称といたしました。

ASAKAMAI 887 - The Origin of the Name

The Chinese character for “rice” is composed of three other characters: those for “eight,” “ten,” and “eight.” That is how the number “88” is said in Japanese, and as a character from old, it is said to refer to the fact that making rice requires 88 labors.
As rice of the highest quality, the only rice that can earn the name ASAKAMAI 887 must clear these 88 labors as well as a further seven strict production standards. By combining “88” and “7,” we created the rice’s brand name.

The Seven Standards七つの基準

日本一厳しい基準

郡山の米は、美味しい米との評価を頂いているのに、なぜ価格が低いのか?
震災以降、平均値との価格差が開き、未だ改善されない。風評はこれからも続くのだろうか? このような状況下で「安全で美味しい米」を作っている生産者の生活とプライドは守られるのか?

ASAKAMAI 887に設定された厳格な7つの生産基準は、これらの課題解決と、どこよりも安全で美味しい最高級の米とその生産者の誇りを届けるために、全量全袋検査、風評払拭、特別栽培米、環境配慮など客観的指標を駆使して設定した、揺るぎない証です。

Japan’s Toughest Standards

Why is it that even though Koriyama rice is recognized as great-tasting rice, its price is so low?
After the 2011 disaster, its price fell below the average, and has never recovered. Will the bad rumors continue?
Against this backdrop, can we protect the livelihoods and pride of those who make “safe, delicious rice”?

In order to resolve these issues and provide delicious rice of the highest quality that is safer than anywhere else, as well as the pride of those who make it, seven strict production standards were placed on ASAKAMAI 887. These standards are solid evidence of the rice’s quality, established by taking full advantage of objective indicators such as blanket radiation checks, rumor dispelling, specially-cultivated rice, and concern for the environment.

食味値 - Taste Rating

  • ASAKAMAI 887
    88点以上
  • 日本米の平均
    60-65

米のおいしさを示す指数で最高は100点。「米・食味分析鑑定コンクール国際大会」の一次審査は85点以上が条件。それを上回る高レベルの数値、88点以上を基準にしています。

The highest index for showing the taste of rice is 100. A requirement for taking part in the International Contest on Rice Taste Evaluation is receiving a score of 85 or higher on the first test. ASAKAMAI 887 had a level even beyond that, making 88 or higher the standard.

タンパク質含有量 - Protein Content

  • 日本米の
    玄米平均
    7.4%
  • 6.1%
    以下

米はタンパク質が少ないほど水分を十分に吸収して、ふっくらと粘りがある炊きあがりになります。日本米の玄米平均タンパク質含有量7.4%を大きく下回る高い基準を設けています。

The less protein there is in rice, the more moisture it absorbs, which makes it fluffy and sticky when cooked. A high standard was set that is far below the average protein content for unpolished Japanese rice, which is 7.4 percent.

ふるい目 - Sieve Slots

  • 2.0mm

1.8〜1.9mm幅のふるい目が一般的ですが、2.0mmのふるい目を使用し大粒のお米のみを選別。粒ぞろいが非常に良いことから、口に入れたときの舌や歯ざわりが良く、食味が向上します。

Rice that makes it through sieve slots 1.8-1.9mm wide are the norm, but we select only large-grain rice that gets through 2.0mm sieve openings. As the grains are high quality and uniform in size, the rice has excellent texture and improved taste.

整粒歩合 - Ratio of Perfect Grains

  • 80%
    以上

米の状態を見極める基準のひとつで、一定量の玄米のなかで、きちんと整った形をしている米粒の割合を%で示した値です。一等米で70%以上で、それを上回る基準を設けています。

One standard for ensuring rice quality is the proportion of perfectly formed rice grains, expressed as a percentage value. The value is 70 percent or more for first-class rice, and our own standard is set even higher.

特別栽培米 - Specially-cultivated Rice

国が定めた「特別栽培農産物に係る表示ガイドライン」に基づき、慣行米より「節減対象農薬の使用回数が50%以下、化学肥料の窒素成分量が50%以下」で栽培された米。福島県特別栽培農産物認証制度による認証を受けることが条件となります。

Based on the “Display Guidelines Related to Specially-Cultivated Agricultural Products” set by the government, our rice is grown with “a 50 percent or less instances of agrochemical use, and 50 percent or less of the nitrogen component amount in chemical fertilizers” compared to conventional rice. The rice must be certified under the Fukushima Prefecture Specially-Cultivated Agricultural Product Certification System.

農業生産工程管理に取り組むこと - Efforts in Managing the Agricultural Production Process

食の安全性を確保するため、GAPに取り組むことが必須となっています。生産現場において、食品の安全確保、環境の保全、労働の安全などの観点から、安全に農業生産を実施するための管理ポイントを整理し、それを記録・検証して、より良い農業生産を行うことを条件としています。

In order to ensure food safety, it is necessary to make efforts toward GAP (good agricultural practice). At production sites, management points for safely carrying out agricultural production are organized according to food product safety assurance, environmental conservation, workers’ safety, and other points of view. These are recorded and verified, and doing better agricultural production is required.

エコファーマー - Eco Farmers

エコファーマーとは、土づくりと化学肥料・化学農薬の低減に一体的に取り組む「持続性の高い農業生産方式の導入に関する計画」を作成し、県知事の認定を受けた農業者を指します。農業生産性の向上を図りながら、生態系が有する自然環境機能を活かし、環境と共生する農業を目指します。

Eco Farmers are farmers who have drafted a “plan for introducing highly sustainable agricultural production methods,” which strives to unify land development with reductions in chemical fertilizer and agrochemicals, and who have been certified by the prefectural governor. Along with aiming to improve agricultural productivity, they also aim to make use of natural environment functions endowed with ecosystems, and do agriculture in coexistence with the environment.

Producers生産者

日本一厳しい生産基準をクリアーすべく、
ASAKAMAI 887の栽培に挑む生産者たち。

Producers who challenge the cultivation of ASAKAMAI 887 to clear Japan's strict production standards.

ASAKAMAI 887 生産部会 
部会長 遠藤 昭夫
ASAKAMAI 887 Working Group
Chairman AKIO ENDO

私たちは、ここ郡山の地で代々米づくりをしてきました。私たちの米は「あさか舞」という名で親しまれています。

あさか舞の最高級ブランドとして生まれたASAKAMAI 887。このお米に課された7つの生産基準は、これまでになく高いハードルです。各人が長年の知識と経験を基に精一杯栽培に取り組んでいますが、ASAKAMAI 887としてお届けできる米は、収穫される米のほんの一握りに限られるという大変厳しいものです。

しかし、私たちは最高峰の米づくりへの挑戦を続けます。この歩みの先に、米どころ郡山の 新たな未来が拓けることを信じて。このお米を味わっていただき、私たちの矜持を感じていただければ、これ以上の喜びはございません。

For generations, we have been cultivating rice widely know as ‘Asakamai’ on the fields of Koriyama.

ASAKAMAI 887 was created as the premium-quality brand of Asakamai rice. The bar is set unprecedently high by its 7 production standards. We put our utmost effort in growing our rice, using our knowledge and experience accumulated over many years. Due to the very strict selection process, however, only a handful of all harvested rice grains makes the cut to be shipped as ASAKAMAI 887.

We continue to strive towards growing the highest-possible quality rice. We believe that in this pursuit lies the key to the future of Koriyama as a region famous for its rice production. We would love nothing more than for you to taste our rice, and discover the source of our pride and joy.

役員Boad of Directors

  • 古川 弘作
    Furukawa Kousaku

  • 伊藤 栄一
    Ito Eiichi

  • 有限会社アグリサービス
    あさか野

    鈴木 一弘
    Agri-Service Asakano Co., Ltd. Suzuki Kazuhiro

  • 古川 勝幸
    Furukawa Katsuyuki

  • 宍戸 孝美
    Shishido Takayoshi

  • 原 健蔵
    Hara Kenzo

  • 池澤 吉雄
    Ikezawa Yoshio

  • 飯田 東一、
    飯田 史顕
    (写真は史顕)
    Iida Touichi, Iida Fumiaki

部会員Members

  • 力丸 敏一
    Rikimaru Toshiichi
  • のんびり農園合同会社
    Nonbiri-Nouen LLC
  • 長谷川 光一
    Hasegawa Kouichi
  • 織田 裕志
    Oda Yushi
  • 影山 一男
    Kageyama Kazuo
  • 白石田 好富
    Shiroishida Yoshitomi
  • 根本 秀一
    Nemoto Shuichi
  • 高野 和介
    Takano Wasuke
  • 古川 芳和
    Furukawa Yoshikazu
  • 金澤 保恵
    Kanazawa Yasue
  • 古川 武
    Furukawa Takeshi
  • 高原 要一
    Takahara Youichi
  • 佐藤 惣一
    Sato Souichi

Flavor味わい

一目でわかる粒揃い。炊き上がった時の鉄鍋の蓋を開けた瞬間に一目で違いがわかるふっくらとした炊き上がり。鍋からのぼる炊きたてのご飯の香りもなんとも言えない食欲をそそる香り。さらに、粒揃いの食感。噛めば噛むほどに広がるご飯の甘み。

他産地のコシヒカリと比べてコシヒカリのトップになりうるお米、それがASAKAMAI 887です。炊きたてのASAKAMAI 887は、おかず無しでお茶碗1杯は完食出来るお米です。まずはお米本来の味を味わってください。お米の良さがわかっていただけると思います。更に、食の安全を強く意識した「特別栽培米」である事や、農業生産工程管理「GAP」への取り組み。エコファーマー認定者によるASAKAMAI 887の栽培方法と厳格な基準。

我々が待ち望んだお米が、ついに皆様の食卓にお届け出来るようになりました。

五ツ星お米マイスターユニット
東京都ごはん区 メンバー
有限会社こくぼ 代表取締役 小久保一郎

One single glance is enough to recognize excellence. The moment the rice is done and you lift up the lid, you instantly see how it is steamed to perfection. The aroma of freshly-cooked rice rising out of the pot stirs up your appetite. With every chew, you appreciate its sweet flavor and superb texture more and more.

ASAKAMAI 887 is a koshihikari-rice considered top-level even compared to koshihikari from other regions. A bowl of freshly-cooked ASAKAMAI 887 can be enjoyed even without any side-dishes. When you first taste the rice’s essential, intrinsic flavor, you will surely recognize its quality.

We are recognized by the Ministry of Agriculture, Forestry & Fisheries as ‘eco-farmers’, and strict standards are set for ASAKAMAI 887 and its cultivation methods. It is officially recognized as ‘specially-cultivated rice’ with high consideration for food-safety, through Good Agricultural Practice (GAP).

Now, we can finally bring our long-awaited rice to your dining table.

*a high-grade cultivar of rice, very popular in Japan

*rice cultivated with less than half of the usual amount of pesticide

Member of the Tokyo Gohan-Ku
5-star Rice Meister UNIT
President of Kokubo LLC, Kokubo Ichirō

Best Way To Cook ASAKAMAI 887おいしい炊き方

1. お米を正確に量る

お米を正確に量る

お米一合を150gとして正確に計量します。
メジャーカップなどを使用する場合は、目盛のラインでの「すりきり」が正確な量です。また、おいしく炊くためには、一度に炊く量は二合以上がよいでしょう。

2. お米にきれいな水を吸わせる

お米にきれいな水を吸わせる

計量したお米はザルに移します。
ボウルにたっぷりの水を張り、ザルをボウルに重ねてお米を水に沈めます。手早く3〜4回かき混ぜたら、ザルをすぐに水からあげます。ボウルの濁り水は捨てます。

※ポイントはやさしく、手早く! 水に浸した時点でお米が吸水を始めると同時に、最初の水には汚れやぬかが最も出ます。水に浸したままいつまでも洗い続けると、汚れた水をお米が吸収し、炊き上がりのご飯 がぬか臭くなってしまいますので、動作は手早く行います。

3. お米を傷つけないように、やさしく洗う

お米を傷つけないように、やさしく洗う

再びザルをボウルに重ね、新しく水を張ります。
お米を3本指ですくい混ぜるような動作でやさしく洗ったら、ザルをあげて濁り水を捨てます。
この作業を手早く2度繰り返します。

※精米技術が進んでいる現在のお米は、力を入れて米研ぎを行う必要がありません。また洗い過ぎは、お米を傷つけたり、栄養成分や風味を損なう原因になりますので、力加減や洗う回数に気をつけてください。

4. お米の水を切る

お米の水を切る

ザルをあげて、しっかりとお米の水気を切ります。

5. お米を釜に移し、水を張る

お米を釜に移し、水を張る

水気を切ったお米を釜へ移します。
炊き上げるための水の量は、お米の量の20%増し(お米一合に対し水180ml)が標準です。計量カップや釜の内側の目盛などを利用しながら、釜へ正確な量の水を張ります。
水をはった後は、夏場は30分、冬場で1時間程度、水に浸しておくとよいでしょう。

6. お米を炊き、炊き上がりを蒸らす

お米を炊き、炊き上がりを蒸らす

お米を炊きます。
炊き上がったら、蓋を開けずにそのまま10〜15分程度、蒸らしましょう。

7. 蒸らした後は、ご飯をほぐす

蒸らした後は、ご飯をほぐす

蓋を開け、炊き上がったご飯を十文字に切るように、しゃもじを入れます。さらに底から上下を返しようにほぐし、余分な水分をとばすように全体を混ぜ合わせたら、完成です。

ホテル・レストラン、
飲食関係者の皆様へ

ASAKAMAI 887の業務用販売、卸取引、ご対応いたします。詳しくは下記までお問い合わせください。

024-921-0528JA福島さくら 経済課